カジノのチップの仕組みとは?

まず覚えておいていただきたいのは、カジノのチップは、姿を変えた実際のお金だということです。この事実は、明確であると同時に、不思議でもあります。プレイヤーがチップの存在を忘れ、抽象的なものとして無視してしまいやすいことは、しばしば問題として取り上げられます。

オッズが正しければ、50ドル紙幣を見て、それが店で1週間分の食料品を買えるかもしれないと思って躊躇するような人でも、チップだと価値の感覚を忘れてしまい、25ドル分の価値のあるチップを2枚、躊躇なくポットに入れることになるのです。

成功しているポーカープレイヤーなら、戦う相手がポーカーチップと現実世界のお金の等価性を理解していない事実をうまく利用します。一方、強いプレイヤーは、自分の生活の中でその事実を思い出すことができ、ベットを躊躇します。

つまり、下手なプレイの結果100ドルのチップを失うことは、100ドル紙幣に火をつけることと同じだということを覚えておかなければならないのです。ただし、せっかく稼いだお金を失うことを恐れるあまり、最も有利な状況で投資することを躊躇するようではいけません。

チップのカラー分け

ほとんどのポーカーチップの主な色調は、事実上、その金額の単位に関連しています。5ドルチップは赤、25ドルチップは緑、100ドルチップは黒です。(これ以上のチップを使ってプレイしている方は、この記事を読むほどの初心者ではないでしょう)。

ただし、1ドルチップは例外で、各カジノではさまざまな色のチップを採用しており、最も人気のある色は、白か青です。

チップの積み上げ

チップを5枚、10枚、20枚と整然と積み上げておくことは、礼儀としても戦術としても有効です。これにより、あなたやその他のプレーヤーが、テーブル上の金額を数えたり、大まかに把握できるようになったりします。これは、ノーリミットゲームやポットリミットゲームにおいて重要なことです。

ノーリミットゲームやポットリミットゲームでは、どの対戦相手があなたを「スタック」(大きな戦いで負けたときにチップをすべて奪われること)することができるか、また、その対戦相手からどれだけ稼げる可能性があるかを常に意識しなければなりません。

チップを無造作に積み上げたり、不均等に並べたり、不用意に異なる金額のチップを混ぜたりするプレイヤーは、そのことを不必要に難しくしています。

チップを隠す

自分の最大額面のチップを他のプレイヤーから隠すのは、ルール違反であり、道徳的に誤っています。

ポーカーを長くプレイしていると、大量の黒チップを赤チップの後ろに隠したり、赤チップの山の後ろに隠したりするズルい人に遭遇することがあります。こういった人の目的は、あなたに彼の手持ちの金額を過小評価させることです。

もしあなたが500ドル持っていて、目の前に200ドルしか見えていなければ、シート4の人のオールインベットをコールしたくなるかもしれませんし、彼が赤チップの山の下に隠している6枚の100ドルチップが見えていれば、コールしたくなるかもしれません。

このように巨額のチップを隠そうとしている人を見つけたら、その人をディーラーに報告してください。「密告者」のレッテルを貼られたくなければ、テーブルから一歩離れて、フロアワーカーに状況を伝えることもできます。というのも、いかさまプレイヤーをチクると、そのプレイヤーは逆ギレしてしまうこともあるからです。

カジノ側もゲストを失いたくありませんが、ポーカールームは「アングルシューティング(他のプレイヤーを悪用し、非倫理的または不公正と見なされるアクション)」には寛容ではありません。

チップを取り除く

ペイアウトするためにすべてのチップを取り除くまで、テーブルからチップを取ることはできません。

つまり、ゲーム中、どんなにチップが魅力的に見えても、ズボンのポケットに入れて、失わないようにキープすることはできません(これについては今後の記事で「テーブルステークス」というテーマで詳しく説明します)。