ヘアメイク

【女子必見】紫外線なんて怖くない、日焼け止めの選び方・塗り方をマスターしよう!


これで紫外線も怖くない!「日焼け止め」の塗り方とは!

日焼け止めの選び方・塗り方をご紹介♪

女性 笑顔

その1:日焼け止めの選び方
1:顔には「顔用」を選びましょう。
刺激が「体用」より弱いので顔は顔用を選びましょう!

2:紫外線の用語を知っていきましょう。
UV-Aって?
地表に届く紫外線の9割を占めているのが、UV-A
肌への浸透力が高く、ダメージが蓄積して肌の老化を促進させてしまいます。

肌の奥の真皮層にまで届いて、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞に
ダメージを与えるのが怖いところ・・・

UV-Bって?
地表に届く紫外線の1割を占めているのが、UV-B
このUV-Bは、短時間でも肌へ与える影響が大きく日焼けや炎症を引き起こしてしまいます。
さらに過剰なメラニン色素をつくり、色素沈着となりシミやソバカスの原因にも。

夏

SPFって?
サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、
主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値とされています。

紫外線が当りだしてから人によって個人差はあるものの、約15分~20分で
日焼けしてしまう(=紅斑といって赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)と言われています。
それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる…ということです。

例) 1SPF=20分間、肌を紫外線UV-Bから守ってくれる効果があるので
SPF25であれば20×25=500分⇒8時間20分もの時間、肌を紫外線UV-Bから守ります。

選び方のポイントとしては、1時間以内のお出かけにはSPF35程度、
1時間以上のスポーツやアウトドアなどにはSPF50以上がオススメとされています。

PAって?
PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、
主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。

PA++++ 極めて高い効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+ 効果がある

日常生活では「PA+~++」で十分だと言われています。

自分の肌や生活に合わせて日焼け止めを選びましょう♪

その2:日焼け止めの塗り方

それでは実際に塗っていきましょう♪

1:日焼け止めの量は適量を。
適量は0.6~0.8gと言われていて、これは手に出すと500円玉くらいの大きさになります。

日焼け止め 塗り方

2:塗り方の手順
スキンケアの段階で保湿をしっかりと行いましょう。

日焼け止め 塗り方

手のひらに適量を取ります。

手のひらで伸ばして、反対の指全体になじませます。

頬、おでこ、鼻、アゴと面積が広い順につけていきましょう。

内側から外側へ伸ばしていきます。

手のひらでパックしながら、浸透させていくと終了です。

実際に動画で見てみると分かりやすいですよ!

美肌仕上げの日焼け止めの塗り方

これで紫外線対策はばっちりです♪

ぜひお出かけの際は日焼け止めを塗って出かけましょう!

紫外線

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク


jasmine
jasmine
Jasmineです♪ 毎日を自分らしく笑って過ごす事に注力をおいています。 ファッション関係や興味のあることをアップしていきますね( *´艸`) 人生楽しんだモノ勝ち♪ あなたの毎日が幸せでありますように☆