テレビ・映画 ピックアップ

【映画 イントゥ・ザウッズ”Into The Woods”】観る前に知っておいた方がいい事☆【ディズニー】


Hi!

Jasmineです☆

 

映画「イントゥ・ザウッズ Into The Woods」が3月14日に公開されました( *´艸`)

イントゥ・ザウッズ

引用:ディズニー公式サイト 

『イントゥ・ザ・ウッズ』予告編

『イントゥ・ザ・ウッズ』赤ずきん♪Into The Woods

『イントゥ・ザ・ウッズ』赤ずきんのオオカミ(ジョニー・デップ)

『イントゥ・ザ・ウッズ』♪Stay With Me/魔女(メリル・ストリープ)

 

さっそく観てきました♡

 

が、しかし!

今までのホンワカしたディズニー映画だと思って観ると

(/ω\)ヒャー こうなります。笑

 

まさに私。

予習していけばよかった・・・と後悔・・・

 

ネタバレはしませんが・・・

まだ観ていない方へ、これは知ってから観た方がいいよ、というポイントをまとめておきますね☆

 

まずは、公式サイトにも載っている相関図でだいたい把握してから行きましょう!


イントゥ・ザウッズ

登場人物が沢山出てくるので、

ちょ、ちょっとこれ誰!?何してる人!?

ってなると途中でチーンってなるのでしっかり確認してみてくださいね♪

 

ホンワカストーリじゃなくってよ!本当のグリム童話知っておくこと!


これはですね、「シンデレラ」「ラプンツエル」などなどが出てきますが、

あの、アニメの方じゃ無いんです。

「本当は怖いグリム童話」を知っていればわかるはずですが、知らないと

「知っているやつと違う!!!」となります♡

実際、横に座っていた女子高生たちが、「え、マジで」とつぶやいていたので笑

 

「赤ずきん」「ジャックと豆の木」はみなさんのほぼ知っている通りです☆

(ジョニー・デップが出てくる以外はね♪)

 

「シンデレラ」


 

母を亡くして、継母と姉たちにいじめられたシンデレラ(「灰かぶり」という意味)は
母を埋めた墓に植えられた木に住む小鳥たちと仲良しでした。

ある時、王様が舞踏会を催し、舞踏会はきらびやかに3日間続くことになりました。

姉たちは、もちろん行く気です。ですが、シンデレラは留守番を命じられます。
これまで引っ込み思案だったシンデレラが、今度は譲らなかったのです。
継母は、不可能なことを命じます。灰の中に落ちた豆を拾えというのです。

確かに継母が言ったように、灰の中にはたくさんの豆が落ちていました。

一粒ずつ拾っていたのでは、舞踏会には間に合いません。
その時、思い出したのが、おばさんが餌付けしていた小鳥です。
小鳥を呼び寄せます。多数の小鳥が部屋に舞い込み、次々と豆をえり分けていきます・・・・。

(中略)
1日目は銀のドレスに銀の靴、2日目は金のドレスに金の靴

なにもかも金と宝石でできていました。
金の飾り縫いのある靴下と金の靴もありました。
灰かぶりがそのドレスを着ると、真昼の太陽のようにきらきら輝きました。

靴を落としたのは、王子のワナだった

王子は、この見知らぬ姫が誰なのか(中略)
よく見張っているように命じていました。

そして灰かぶりがあまり速く走り去ることができないように、
階段にベタベタするチャン(接着剤として用いる蜜蝋のこと)を塗らせました。

靴に合うため、姉二人は足を斬りました。

上の姉さんは・・・爪先は入るのですが、かかとが大きすぎました。
姉さんはナイフを取り、かかとを少し切り落とし、そうして無理やり足を靴の中に押し込みました。
そうやって上の姉さんは王子の前に出ました。

二番目の娘は靴を持って自分の部屋へ行きました。
足が大きすぎると、 娘は歯を食いしばって爪先を大きく切り取り、大急ぎで足を靴に押し込みました。

最後に目をくり抜かれた二人の姉
いよいよ婚礼になると、義姉たちが図々しくも灰かぶりの両脇に付き添うが、
鳩はその目玉を片方ずつ、両方くりぬいて盲目にしてしまう。

・・・と、まぁこんな感じです(´・ω・`)笑

私が知っている「シンデレラ」の実写版もね、あるからね、そっちでホンワカしましょうね(´・ω・`)

『シンデレラ』予告編

引用:ディズニー公式

 

「ラプンツェル」


魔女は女の子に『ラプンツェル』と名前を付けて、階段もドアもない高い塔に閉じ込めて育てました。
時は流れ、ラプンツェルは美しい娘に育ちました。

「ラプンツェル、ラプンツェル、お前の髪をたらしておくれ」
と、魔女が塔の下から呼びかけると、ラプンツェルは黄金をあんだ様な美しい長い髪をたらします。
すると魔女はその髪を伝って、塔に登るのでした。

ある日、塔の前を1人の王子が通りかかり、その様子を見ていました。
 次の夜、王子は塔の下で呼びかけました。
「ラプンツェル、ラプンツェル、お前の髪を垂らしておくれ」
 たれ下がってきた髪につかまって、王子は塔の上に登りました。

王子とラプンツェルは恋に落ちる。

王子はラプンツェルを見て、すぐに好きになりました。
ラプンツェルも、美しい王子を好きになりました。
それから王子は毎晩、塔の上に登って行きました。
それに気がついた魔女は怒ってラプンツェルの長い髪を切ると、遠い荒れ野に捨ててしまいました。

その夜、王子がやって来ると、魔女はラプンツェルのふりをして切った髪をたらしました。
そして、何も知らずに登って来た王子に言ったのです。
「残念だったね。 あの娘は、もういないよ。
遠い荒れ野に捨ててしまったから、もう死んでしまったんじゃないのかね。」
「そんな・・・」

 王子は悲しみのあまり、塔から飛び降りてしまう。

そしてその時、地面にあったイバラが目に刺さり、王子の目は見えなくなってしまったのです。
「目も見えず、ラプンツェルもいない。いっそ、死んでしまおうか。
・・・いや、ラプンツェルは死んだとは限らない。探しに行こう!」

そしてある日、荒れ野にやって来ると、とてもなつかしい声が聞こえて来ました。
「あの声は、ラプンツェルだ。ラプンツェル!」
とうとう王子は、ラプンツェルを見つけたのです。
ラプンツェルと王子は、しっかりと抱き合いました。
そしてラプンツェルの涙が王子の目にふりかかると、不思議な事に王子の目は元通りに治ってしまったのです。

これが「ラプンツェル」です(´・ω・`)

ここからはアレンジされていますが、ストーリーを知っておくだけでもいいかも♪

 

よし、これだけでも知っておいたらだいぶと理解しやすくなったと思います☆

もともとブロードウェイのミュージカルだけあって、音楽はやっぱりとても素敵でした♡

出てくるかたの歌唱力の高さ・・・

圧倒されました|д゚)

 

すでに観たよ!って方も少しはスッキリしましたか??

また感想聞かせてくださいねー(´▽`)

 

ではではHave a nice day♡

 





jasmine
jasmine
Jasmineです♪ 毎日を自分らしく笑って過ごす事に注力をおいています。 ファッション関係や興味のあることをアップしていきますね( *´艸`) 人生楽しんだモノ勝ち♪ あなたの毎日が幸せでありますように☆