【しくじり先生】一世風靡した人気者はんにゃがしくじりを語る!そして、川島のがん告白【4月4日】



はんにゃの栄光と転落!そして、川島のがん初告白

4月4日放送の『しくじり先生』では、はんにゃのお二人が登場!

しくじり先生 はんにゃ がん 告白 金田 川島

超人気者だったコンビが「笑えない芸人」と言われるまでになったその経緯を本人たちが解説!

スポンサーリンク
はんにゃの全盛期を振り返る

 はんにゃは川島章良さん金田哲さんのコンビで、同期にはオリエンタルラジオ、トレンディエンジェル、フルーツポンチなど、若者に人気のコンビがいます。

 ご存じのとおり、はんにゃは「ズクダンズンブングンゲーム」のネタがヒットし、2009年~2010年にかけては各雑誌の読者アンケートで「好きな芸人1位」「男前だと思う芸人1位」「癒してほしい芸人1位」「美肌だと思う芸人1位」になるほどの人気を博しました。

ブレイクした2009年のテレビ出演総数は504本!2年間のCM出演は10社!
その他ドラマにも出演していました。

はんにゃを待ち受けていたもの

 そんなはんにゃですが、その人気期間は短く、2010年の中頃には「マジで笑えない芸人1位」という笑えない称号を手にすることに。
追い打ちをかけるように「爆笑レッドシアター」「ピラメキーノ」などのレギュラー番組が全て終了。

 今回ははんにゃのお二人が自分たちの人気が落ちていった理由を分析しました。
その結果導き出した答えは・・・

「実力不足に気づかなかった」

では、その実力はというと・・・

「大学生レベル」

と自らを酷評。笑

はんにゃの軌跡

 さて、はんにゃのお二人によると・・・

 2009年ブレイク当初、はんにゃは若手芸人としてではなく、超人気アイドルとして扱われたのだとか。

事実、芸人なのに写真集を出しており、初版はなんと5万部!

しくじり先生 はんにゃ がん 告白 金田 川島

ボーイズラブのようなグラビア撮影をしたり、握手会を開催したり、雑誌『JUNON』でインタビューを受けたり・・・

しくじり先生 はんにゃ がん 告白 金田 川島

お笑い芸人の仕事とはかけ離れている感じがしますね。笑

男前と言われている金田さんだけでなく、川島さんも「タッキーに似ている」と言われており、人気だったのだとか。笑

 さて、そんな「人気アイドル」が、いざネタ披露のために舞台に立つなれば、、、
なんと登場しただけで5分以上歓声が鳴りやまなかったそうです。

他にもこんな現象が・・・

・ネタ中にファンがオリジナルうちわを振っている
・ネタ中にファンが横断幕を掲げている
・混乱を避けるために劇場にはんにゃ専用の別入口が用意される
・感動のあまり大号泣する観客がいる
・はんにゃブームの経済効果が10億円以上

「この段階で実力不足に気づけばよかった」と語るお二人ですが、この時点で当時のはんにゃはこう思っていたそうです。

「これが売れるってことかー!」

そしてどんどん「アーティスト気取り」になっていったのだとか。

また、この時点で将来のプランが全くなかったのだそうです。
なので、芸人仲間で飲み会に行くと、こんな言葉ばかりが出てくるのだそう。

「俺ら世代で時代変えましょうよ!」
「上の世代ぶっ潰しましょう!」
「大航海時代の始まりだ!」

具体性がない・・・
確かに大学生ノリですね。笑

とはいえ天狗にはならず頑張った

 この人気を見てはんにゃの二人はあることを決めます。
それは同期のオリエンタルラジオが売れたときに天狗になってしくじったことを知っているため、彼らを反面教師として「天狗にはならないでおこう」ということです。

 そして現に彼らは天狗にはならず、先輩や仕事仲間にも低姿勢で接したため、人間関係は良好に保てたのだそうです。
しかし、その姿勢を貫くがあまり、「来た仕事は全部受ける」というスタンスになり、気づけばスケジュール帳は御覧のとおり。

しくじり先生 はんにゃ がん 告白 金田 川島

約2年半休みなし!

結果、平均睡眠時間は1~2時間。
夢と現実の境がわからなくなったほどだといいます。

こんな状況になりながらも、仕事を断って「天狗になっている」と思われることを避けるために仕事は一切断らなかったそうです。

結果、頭は働かず、ネタのクオリティがどんどん下がっていき、本人たちいわく「小学生レベル」のお笑いセンスになっていったそうです。

しくじり先生 はんにゃ がん 告白 金田 川島

気が付けば人気はなくなっていました。

コンビ仲に亀裂

この後、状況を打開しようと、はんにゃは漫才に挑戦することに。
しかし、THE MANZAIでは完全にスベり、がちがちに。
川島さんがオチでセンターマイクにツッコミを入れてしまうなどのトラブルもあり、1回戦敗退。

仕事がうまくいかなくなった二人は精神を保つためプライベートを充実させることに。
しかし、その結果お笑いに目を向けようとすることをしなくなり、相方との歩幅がお互いに合わなくなったそうです。

そんな中で、些細な事で言い合いになり、金田さんは川島さんにこんなことを言ってしまいます。

「お前とやってても何一つ楽しくない」

こんなことが続き、コンビ仲に亀裂が。

コンビの絆を再び取り戻したのは・・・

しばらくそれぞれが別行動をしていたはんにゃ。
しかし、2014年11月4日、川島さんに腎臓がんが発覚。

医師の診断結果を聞いた川島さんはパニック状態になりました。
というのも、、、

実は当時、川島さんが付き合っていた彼女が妊娠していたのです。

この後、川島さんは、劇場での合間の時間を見つけて金田さんにがんを告白するのです。

この後やがて、金田さんにこんな気持ちが沸き上がります。

「もう2人でお笑いができないかもしれない」

しかし、川島さんは入院生活、手術を終えて無事に戻ってきました。
このとき、金田さんは川島さんの顔を見て安心して笑顔に。
その笑顔を見て、川島さんも笑い、二人で笑い転げたのだとか。

二人は結成当初の気持ちを取り戻したのです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

他の記事を読む



Wha2up編集長
About Wha2up編集長 (467 Articles)
Wha2up!?編集長です。 主な担当は、音楽・テクノロジー。 親しみやすい大きな顔と滑舌の悪さには定評あり。