【この話、凄くないですか?】おそロシア・・・プーチン大統領が「世界最恐」なワケ【9月23日】



「おそロシア」を率いるプーチンが凄すぎる・・・

9月23日放送の『この話、凄くないですか?』では、「世界中が恐れる!ロシア大統領プーチンの凄い話」を紹介!

[ninja big]
略歴を聞いただけでも凄い!

 ネットでは、「おそロシア」という言葉が生まれるほど恐れられているロシア。
元々、ヒョードルなど超人的強さを持つ人間がいたりして、どこか冷淡なイメージを持つからかも知れません。
しかし、最もそのイメージを加速させているのは、そのロシアを11年にわたって率いてきたプーチン大統領でしょう。

政策の狡猾さはもちろんですが、本人が柔道5段、極真空手8段、テコンドー9段を持ち、ライフルやマシンガンを操るのも一つの要因でしょう。

そんなプーチン大統領の支持率は、なんと125%なんだとか。笑
調査機関が国民に聞き取り調査を行った際、「私の支持率は他の人の2倍だ!」という国民が続出し、それをカウントするとこうなったそうです。笑

政治家としての功績も凄い!

 反プーチンの動きがあるものの、一定の支持を集めているのには理由があります。
政策で成果を挙げているのです。

・GDPを6倍に!
・国民の平均月給を約80ドル→約640ドルに!
・国民の貧困率を半分以下に!

発言のインパクトも大!

 プーチン大統領は、インパクトのある発言も度々行っています。

例えば・・・

「テロリストは便所に追い詰めて殺し、クソの溜まった便器にぶち込んでやる!」

世界各国の首脳が恐れるプーチン!

 これまでプーチン大統領は、あらゆる交渉を有利に進めるために驚くべき交渉術を披露しています。

・ドイツのメルケル首相との交渉には、相手が苦手な犬、しかも大型犬を同席させる。

この話すごくないですか プーチン

・ロシア将校が「退役軍人の恩給を上げてほしい」と直談判も、その場で嘆願書を何も言わずに破り捨てる。

この話すごくないですか プーチン

ちなみに、プーチン大統領、5回も暗殺されかけたのだそうです。
しかし、プーチンはこのことについて聞いた記者にこう答えました。

「暗殺など日常茶飯事。恐れていたら生活できない。」

おそロ・・・

おそプーチン。。。。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク



Wha2up編集長
About Wha2up編集長 (465 Articles)
Wha2up!?編集長です。 主な担当は、音楽・テクノロジー。 親しみやすい大きな顔と滑舌の悪さには定評あり。