スマートロック製品『danalock』を日本で発売!



株式会社M2モビリティー(本社:東京都品川区)が、デンマーク Poly Control社によるスマートロック製品『danalock(ダナロック)』の日本での取扱いを開始すると発表しました。
danalock

出典:japan.cnet.com

スマートロック製品って?

スマートロック製品とは、以前の記事「『開けゴマ!』!あなたの家の鍵をカッコよく開けるアイテム」でご紹介した『Sesame』のように、スマートフォンなどと連動して、自宅やオフィスの鍵を操作し開閉する製品のことを言います。

『danalock』は、スマートフォンのBLE(Bluetooth Low Energy)技術を利用したスマートロック製品です。

danalockを導入すれば、スマートフォンが自宅やオフィスの鍵になります。

danalockでできること

danalockは、2013年に開発され、既にヨーロッパでは10万台以上の販売実績を持っている業界NO.1の商品です。2015年5月からは第2世代製品の発売が開始されます。

暗号化されたデジタルキーの発行機能をもち、第3者への一時的な鍵の提供もできます。
スマートフォンの画面を操作しなくても、ドアに近づくだけで開錠ができるハンズフリー機能も備えています。

出典:YouTube

設定は、既存のドアの内側部分だけを交換するだけなので、外鍵の部分は従来通り利用できます。

また、本体にあるタッチセンサーで開閉できたり、手動でも開閉が可能なため、電池切れや緊急時でも操作が可能です。
内蔵の電池は、通常の使用(10回/日)で約1年の稼働が可能。残量が3分の1以下になった場合には、スマートフォンに電池残量の警告が送られるようになっています。

満を持して日本上陸

日本での販売は2015年7月の予定。
6月10日より、Amazonの商品ページで予約注文受付を開始します。
スタンダードモデル(circle 125・税別1万9,800円)と、デンマーク出身の工業デザイナーJacob Jansen(ヤコブ・イエンセン)がデザインしたJacob Jansenモデル(税別2万5,800円)が販売されるそうです。

danalock

(左)ヤコブ・イェンセンモデル、(右)標準モデル

出典:ケータイWatch

また、7月の発売に合わせ、追加で2つのスマートロック機器が発表されます。

『キーフォブ』。
スマートフォンを使わずにdanalockを操作できる小型のリモコン。

スマートロック キーフォブ

キーフォブ。

出典:japan.cnet.com

『キーパッド』。
室外のドア付近に設置し、4桁から10桁の暗証番号を入力することで開閉できるようする製品。

danalock キーパッド

キーパッド。

出典:japan.cnet.com

『キーフォブ』『キーパッド』ともに、発売は9月以降になる見込みだそうです。

人気ブログランキングへ






Wha2up編集長
About Wha2up編集長 (466 Articles)
Wha2up!?編集長です。 主な担当は、音楽・テクノロジー。 親しみやすい大きな顔と滑舌の悪さには定評あり。