【2期?新作制作決定!】大ヒット『けものフレンズ』を振り返る【すっごーい!たーのしー!】



続編2期か!?新作映像制作決定!大ヒットした『けものフレンズ』とは?

「すっごーい!」「たーのしー!」
突如として、こんなワードがTwitterでたくさん見られるようになりました。

その原因は、深夜放送されているアニメ『けものフレンズ』

けものフレンズ 新作 続編 2期 考察

出典:テレビ東京公式

『ジャパリパーク』内の『さばんなちほー』で記憶喪失のまま迷子になった『かばん』の記憶を取り戻すべく、そこで出会ったサーバルキャットの『フレンズ』、『サーバル』とともにかばんが繰り広げる冒険の話。

 サーバルと同様、パーク内の動物は『サンドスター』の影響で『フレンズ化(擬人化)』しており、動物のときの固有生態を維持しつつも、捕食・被捕食関係などはなく、言葉を話すなど人間に似た生活をしています。

『けものフレンズ』新作情報はこちら!

スポンサーリンク
『知能が下がるアニメ』と呼ばれた理由

 さて、前述したように、フレンズたちは元々動物であるため、人間に近くなったと言えど、その知能は人間に及びません。
なので、会話に難しい言葉はまず出てきません。むしろ、自分達が感じたことをストレートに伝えてくるので、「この会話に隠された感情は?」と深読みする必要が一切ないのです。
 その最たるものが、作品中によく出てくるセリフ、冒頭に書いた「すっごーい!」「たーのしー!」なのです。

けものフレンズ 新作 続編 2期 考察

出典:anihon.com

 また、ジャパリパーク内のフレンズたちは、決して他のフレンズを貶めるようなことをせず、お互いを認め合っているため、基本的に相手を全肯定します。ゆえにフレンズ同士の争いもなく、何も考えずに安心して観ていられるのです。

 そのため、放送開始直後は『知能が下がるアニメ』として、「絶賛」されていました。

平和な雰囲気なのに不穏な空気が

 しかし、『けものフレンズ』の世界には所々不穏な要素がありました。
フレンズたちを襲い続ける謎の生命体『セルリアン』の存在、ジャパリバスをはじめ、ジャパリパーク内に放置されている人間が造ったであろう遺産の数々、『かばん』にだけ話しかける『ラッキービースト』・・・

物語が後半になるにつれ、様々なサイトで『けものフレンズ』の考察が行われ、「奥深いアニメ」としても注目を集めるようになりました。

気づけば社会現象に!

 最終回前に行われたニコニコ動画一挙放送では、『ラブライブ!』や『まどか☆マギカ』を抜いてコメント数1位になり、第一話の再生回数は400万回を超えました。

 『けものフレンズ』の影響はこんなところにも。

湯布院にある『旅館つるや隠宅』は、最終回前のシリアス展開にショックを受け、予約の入っていない日を休業日に。。。

ジャパリパークのピンチに、なぜかシャープに問い合わせが・・・

公式よりプレスリリース!『けものフレンズ』新作製作決定!

 最終回放送を終えたばかりの『けものフレンズ』ですが、29日に早速公式から新作映像制作決定のお知らせがありました!
プレスリリースによると、けものフレンズの新作映像制作が決定したことと、詳細情報を公式のHP、ツイッターで発表するとのこと。

現時点では、これが続編なのか、スピンオフなのか、映画なのか、TVシリーズなのかは分かりません。

また、新キャラらしき画像も。

けものフレンズ 新作 続編 2期 考察

期待が高まりますね。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク



Wha2up編集長
About Wha2up編集長 (467 Articles)
Wha2up!?編集長です。 主な担当は、音楽・テクノロジー。 親しみやすい大きな顔と滑舌の悪さには定評あり。