怒り新党 前田智徳 広島 引退 粋な計らい
テレビ・映画 感動

【感動】【動画あり】孤高の天才・前田智徳の引退試合での粋な計らいが泣ける!【マツコ&有吉の怒り新党】


引退する前田智徳を送り出す広島・中日両選手の粋な計らい!

11月18日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』『新・三大○○調査会』では、「プロ野球選手の引退試合での粋な計らい」を特集!
今回はその中から、元・広島カープの前田智徳(まえだとものり)選手の引退試合での出来事をご紹介したいと思います。

[ninja big]
イチロー、落合も認めた天才

怒り新党 前田智徳 広島 引退 粋な計らい

出典:shinjyukumariners.blog96.fc2.com

1989年にドラフト4位で広島に入団した、前田智徳選手。1994年までは走・攻・守、全てにおいて活躍した選手でした。その間、ベストナイン3回、ゴールデンクラブ賞4回、月間MVP1回!

 ところが、1995年に右アキレス腱を断裂してしまう大怪我を負い、このことがプレーに影響を及ぼし、以降は故障しがちになってしまったのです。

 怪我に苦しみながらも、打撃に対する独自の美学を追求しつづけた前田は、1998年に月間MVPに2回選ばれると、その年のベストナインにも選出され、奇跡の復活を遂げ、2000年には広島の4番バッターに。

しかしその年、今度は左アキレス腱を痛めるという不運に見舞われ、またも戦線を離脱することに。
野球人生の晩年には、代打としてしか出場していない状態ながらも、2000本安打も達成し、その打撃は球界で高く評価されています。

「前田の打撃は、プロ野球50年の歴史の中で、ずっと理想とされてきたフォームといえる。みんながお手本にしていい、生きた教材。」(落合博満)

「前田さんの背中に『男』を感じます。(中略)打撃が素晴らしいし凄みもある。広角に打てるしチャンスにも強く、いつも打ちそうな雰囲気が漂っている。日本で一番いいバッターかもしれません」(松井秀喜)

「自分は天才じゃない。天才とは、前田さんみたいな人」(イチロー)

野球ファンが涙した!敵チームからも粋な計らい

 さて、天才と称された前田選手ですが、2013年についに現役を引退することを決意。
10月3日のマツダスタジアムでの対中日ドラゴンズ戦が引退試合になりました。

前田選手は8回裏に代打として出場。しかし、結果は残念ながらピッチャーゴロでアウト。
誰もがこのプレーで前田選手が現役引退・・・と思っていたのですが・・・

なんと、9回表で前田選手、今度はライトの守備に。
実は前田選手、広島カープのホームが広島市民球場からマツダスタジアム移ってから一度も守備についていませんでした。
つまり、この日に初めてマツダスタジアムで守備をすることになったのです。

これには、広島ファンは大喜び。

しかし、ここから更に粋な計らいが!

なんと敵チームである中日打線が、前田のいるライトを狙って打っているではありませんか!

「このゲームは前田の雄姿を野球ファンに見せたい!」

中日の選手も気持ちは同じだったのです。
これに気づいた広島の久本投手も、打ちやすい高めのストレートを投げ続け、中日のバッターは必死にライトへ流そうとしています。

この回の最終バッターとなった平田選手は、何度もライト方向に打つも、ファウル。
その度に前田選手は走るので、息は上がっていきます。とてもしんどそうです。笑

そして・・・

前田選手の現役最後の雄姿と、中日バッターの粋な計らいをご覧ください。

出典:YouTube

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク


Wha2up編集長
Wha2up編集長
Wha2up!?編集長です。 主な担当は、音楽・テクノロジー。 親しみやすい大きな顔と滑舌の悪さには定評あり。