【主治医が見つかる診療所】口と腸の粘膜バリアを強化して免疫力アップをする方法!【こぶ茶・レンコンパウダー・焼き芋】8月17日

投稿日:
シェアお願いします!

8月17日放送「主治医が見つかる診療所」で紹介された、

口と腸の粘膜バリアを強化して免疫力アップをする方法!

女性 えがお

夏はヘロヘロになりがち・・・
何とかして免疫力を上げたい!

そんな時に知っておきたい免疫力アップの方法とは!?
今回は口と腸の粘膜バリアを増やす方法をご紹介します♪

[ninja big]

粘膜が免疫力アップにつながる!?

埼玉医科大学 和合先生によると、
うなぎやどじょうなどのヌルヌルが体を守っているということなんです。
このヌルヌルは、人間の身体でいうと「粘膜」にあたります。

8月17日 主治医が見つかる診療所 こぶ茶 粘膜バリア レンコン さつまいも 腸 口

口の粘膜バリア→胃の粘膜バリア→腸の粘膜バリア
免疫細胞の約7割は腸で作られています!!

このバリアが無いと免疫力が落ちてしまうんです・・・
なので、粘膜バリアを強化することで免疫力をアップすることが出来るんです!!

8月17日 主治医が見つかる診療所 こぶ茶 粘膜バリア レンコン さつまいも 腸 口

粘膜が健康なら、腸内の善玉菌が活性化し、免疫機能が力を発揮し
がん細胞の発生も抑制してくれるんですね!

粘膜バリアの機能が免疫力に影響します!

粘膜バリア
その1:口

著作者: K.Hurley
著作者: K.Hurley

その1:口
一番初めに通る粘膜が口の中にあります。
細菌やウィルスは口や喉から侵入するため、
口の中の粘膜バリアを強くする必要があるんです!!

【口の中をしっとりさせる】
口の中の粘膜バリアには、「だ液」が必要になってきます。

だ液には、
・殺菌作用
・洗浄作用
という2つの作用が!

夏には乾燥が生じることでだ液の量が減りやすいんです。

【だ液を増やす方法とは!?】
・こぶ茶を飲む
→1日2杯喉が渇いた時に飲むと効果的。

8月17日 主治医が見つかる診療所 こぶ茶 粘膜バリア

出典:rakuten

こぶ茶やこんぶ水などの旨み成分「グルタミン酸」には、
口に入れた時にだ液の分泌を促進する働きがあるんだそうです♪
こぶ茶のうまみ成分は20分ほど持続します。

塩分が気になる方はこんぶ水がオススメ!

・顔のマッサージ
「耳下腺」「顎下腺」
→外からの刺激でだ液を促進させることができます。

「耳下腺」のマッサージ
耳を人差し指と中指で挟み、顎に沿ってこするように4回刺激

8月17日 主治医が見つかる診療所 こぶ茶 粘膜バリア レンコン さつまいも 腸 口

「顎下腺のマッサージ」
顎の下のやや膨らんだ辺りをこするように4回刺激

8月17日 主治医が見つかる診療所 こぶ茶 粘膜バリア レンコン さつまいも 腸 口

「耳下腺を4回・顎下腺を4回、2セット」行いましょう。

8月17日 主治医が見つかる診療所 こぶ茶 粘膜バリア レンコン さつまいも 腸 口

下関のツボ押しを寝る前と朝起きた時に1日2回押すと効果的!

次のページで、「腸の粘膜バリアを増やす野菜(レンコンパウダー・焼き芋)」について、
その野菜や摂り方をご紹介します♪

[php snippet=3]