ナイナイ 超一流アスリート
テレビ・映画 雑学

【ナイナイの超一流アスリートの作り方】超一流アスリートの共通点(浅田真央、遠藤保仁、ダルビッシュ有、古田敦也、原口元気)【9月6日】


有名アスリートが子供のころにハマった意外なもの?

9月6日放送の『ナイナイの超一流アスリートの作り方』では、超一流アスリートたちの共通点を紹介!

[ninja big]
超一流アスリートの共通点

ナイナイ 超一流アスリート

こちらの超一流アスリートたちには、ある共通点があるそうです。

それは、子供のころにやっていた遊びを競技に活かしているということ。

フィギュアスケートの浅田真央さんとメジャーリーガー・ダルビッシュ有さんは、レゴに夢中だったことがあり、その結果、集中力や想像力を鍛えられたのだとか。

ナイナイ 超一流アスリート

ナイナイ 超一流アスリート

天才ドリブラーの原口元気さんは、子供のころ愛犬とボールの取り合いをしたことが、ドリブルの精度アップにつながったようです。

ナイナイ 超一流アスリート

犬はボールだけ見ているので、フェイントが効かず、抜くのは大変だったそうですよ。

日本代表として150試合以上、ワールドカップ3度の経験を持つサッカー選手・遠藤保仁さんは、子供のころ将棋にハマっていたようです。

ナイナイ 超一流アスリート

いやらしいほど相手の裏をかく遠藤選手の頭脳は、将棋で鍛えられたのではないか、とご本人は語ります。

天才キャッチャーと言われていた古田敦也さんもまた、将棋で頭脳を鍛えたアスリートの一人なんだとか。
今ではアマチュア三段の腕前!!

ナイナイ 超一流アスリート

 子供のころに、「何をするか」はもちろんそうですが、「何かに熱中する」ということも大事な要素になっていそうですね!
保護者の皆さま、お子さんが熱中する何かを応援してあげてみてはいかがでしょうか?

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク


Wha2up編集長
Wha2up編集長
Wha2up!?編集長です。 主な担当は、音楽・テクノロジー。 親しみやすい大きな顔と滑舌の悪さには定評あり。