みんなの家庭の医学 肩こり
テレビ・映画 雑学

【みんなの家庭の医学】肩こり&ひざ痛の新たな原因とは?その解消法は?【7月28日】


肩こりとひざ痛の意外な原因とは??

7月28日放送の『みんなの家庭の医学』は『名医が教える最新解消法スペシャル』!
テーマは「肩こりとひざ痛」。
これらを解消する画期的な方法をご紹介!

ひざ痛を解消する物質とは?

その名もプロテオグリカン

 最新の研究では、関節のに含まれるプロテオグリカンという物質がひざ痛を防ぐのだそうです。

実際に、高齢ながらもひざ痛を感じたことがないというこちらの3名を検査すると・・・

みんなの家庭の医学 ひざ痛

3人ともプロテオグリカンの量が多く維持されていることがわかりました。

プロテオグリカンを増やすにはどうすればよい?

ひざの曲げ伸ばし

プロテオグリカンを増やす方法とは、ひざの曲げ伸ばしをすること。

 ひざの曲げ伸ばしをすることで、血流が増加し、酸素が多く膝に届けられます。
酸素が増えると軟骨細胞が活性化し、より多くのプロテオグリカンを作り出すのだそうです。

みんなの家庭の医学 ひざ痛

例えば、買い物のときに自転車をこぐ、曲げ伸ばしを意識して歩く・・・など

みんなの家庭の医学 ひざ痛

でもすでにひざが痛いので、つらい。そんなあなたに・・・

 すでにひざが痛んで歩きづらい・・・そんなあなたに2週間でひざ痛を解消するオススメの方法を、千葉大学大学院の渡辺淳也先生が教えてくれました!

その名も「小分けウォーキング」。
先生いわく、連続して10分以上あるけば、ひざの血量が十分増えるそうです。
なので、10分1セットを1日あたり3セット、つまり合計30分を無理なく歩くことでプロテオグリカンを取り戻すことができるそうです。

みんなの家庭の医学 ひざ痛

コツは、ももを上げて大股で歩くこと。

みんなの家庭の医学 ひざ痛

実際にひざ痛を訴えていた女性が2週間これを試したところ、結果はこのとおり。
※青い部分がプロテオグリカン。

みんなの家庭の医学 ひざ痛

増えてる!

1回たった10分のウォーキングだから無理なく続けられそうですね!

[ninja big]
しつこい肩こりの意外な原因とは?

肩こり治療の名医・川崎市立多摩病院の堀内正浩先生によると、最近新たに分かった肩こりの原因は、「脳の誤作動」だそうです。
一体、誤作動とは??

 実際、番組の調査で、40代~60代で肩こりに悩まされているという方12名を検査すると、そのうち10名が脳の誤作動による肩こりの可能性があったようです。

みんなの家庭の医学 肩こり

脳の誤作動による肩こりなのかを判定する

その判定方法とは・・・
首が曲がっているか、前かがみになっているか、肩がさがっているかをチェックすること。

先生によると、脳の誤作動による肩こりがある方は、何らかの体の傾きが出るそうです。

みんなの家庭の医学 肩こり

鍵を握るのは、脳から発生する神経伝達物質ドーパミン。
筋肉を動かす際に、指令を伝えるのがドーパミンなのですが・・・

みんなの家庭の医学 肩こり

しかし、脳の誤作動が起きると、常にドーパミンが分泌され、筋肉は緊張状態に。
結果、体が傾き、慢性的な肩こりになるというのです。

みんなの家庭の医学 肩こり

日常の習慣が脳の誤作動を引き起こす

 先生によると、無意識に行っている日常の悪いクセが脳に焼き付いて、脳の誤作動を起こすのだそうです。

その一例を見てみましょう。

その1:同じ方向を向き続けている。

みんなの家庭の医学 肩こり

その2:バッグをずっと同じ肩にかけたまま、片方の手で荷物を持ったまま

みんなの家庭の医学 肩こり

これらの習慣を継続的に行うことによって、脳がこの姿勢を、正しい姿勢だと勘違いし、誤作動の引き金になるのだそうです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク


Wha2up編集長
Wha2up編集長
Wha2up!?編集長です。 主な担当は、音楽・テクノロジー。 親しみやすい大きな顔と滑舌の悪さには定評あり。