【みんなの家庭の医学】夏バテの新原因と解消法!【うつ熱・半身浴】8月11日



夏バテの新原因と予防をご紹介!

8月11日放送の『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』では、今役に立つ夏バテ対策を紹介していました!

こんな症状出てませんか?

猛暑が続く今年。
こんな症状出ていませんか?

・なんとなく体がだるい。
・食欲がでない。
・寝苦しく眠りにつけない。

こんな夏バテの「新原因」を愛知医科大学の西村直記先生に伺います。

うつ熱に注意!

うつ熱とは?

先生によると、うつ熱とは体に熱がこもり、だるい状態が続くことらしいです。
この状態が悪化すると、熱中症になる可能性も。

なりやすい人となりにくい人の違い

うつ熱になりやすい人となりにくい人では、汗のかき方に違いがあるのだそうです。

以下が汗をかく人とかかない人の体温の違い。

家庭の医学 夏バテ

家庭の医学 夏バテ

だいぶ差が出ていますね。
つまり、汗をかけていない人は、うつ熱になりやすい、ということですね。

実は、汗をかく人とかかない人ではもう一つ違いがあるのです。
それは、塩分濃度。

家庭の医学 夏バテ

汗をかきにくい人ほど、塩分濃度が高いんですね。

つまり、より熱中症になりやすいのだとか。

汗をかけない人の原因

1.暑熱順化ができていない

ずっとエアコンの効いた環境にいると、汗腺の機能が低下し、汗が出にくくなるそうです。

2.水分補給

汗をかくために、やはり水分は必須ですよね。

[ninja big]
顔汗やわき汗をかかない方法とは?

「汗をかけ!」と言われても、女性にとって、顔汗や脇汗は嫌ですよね!

実は、舞妓さんが実践している有効な方法があるのです。

それは、わきから胸を圧迫すること。
舞妓さんは帯で圧迫しているのだそうですが、一般の方であれば下着をきつくしめるなどの対応で効果があるそうですよ。

良い汗をかくためには?

夏バテを解消するためには、「良い汗」をかく必要があるそうです。

外でただだらだら流す汗は「良い汗」とは言えません。
家庭で一番「良い汗」をかけるのが入浴なんですね!
良い汗をかく、それは入浴法にありました。

入浴法のスペシャリストである国際医療福祉大学大学院の前田眞治教授によると、その方法とはズバリ「半身浴」!

家庭の医学 夏バテ

ぬるめ(38~39℃)の温度で、約30分つかるのが良いそうです。
これを1週間続けると、汗腺の働きが復活するそうですよ。

ぜひ半身浴で夏バテを回避してくださいね。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

 



Wha2up編集長
About Wha2up編集長 (465 Articles)
Wha2up!?編集長です。 主な担当は、音楽・テクノロジー。 親しみやすい大きな顔と滑舌の悪さには定評あり。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*