【みんなの家庭の医学】様々な病に関わる腸内フローラ!ベストバランスを保つ方法を紹介!【9月1日】



腸内フローラのバランスを整える方法をご紹介!

9月1日放送の『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』では、様々な病に関わっているとされる腸内フローラについて注目!

[ninja big]
腸内フローラとは?

 腸内フローラとは、腸に住む様々な細菌のこと。
腸内フローラのベストバランスは、善玉菌:2、悪玉菌:1、その他:7だと言われています。
腸内フローラのバランスを正しく保つことで、がんやうつ病をはじめ、様々な疾患にかかりにくくなることが最新の研究でわかったそうです。

みんなの家庭の医学 たけし 腸内フローラ

しかし、現代日本人の平均をとると、善玉菌:1、悪玉菌:3となっており、完全にバランスが逆転しているようです。
生活習慣の乱れなどから、さらに悪玉菌が増えると、がんをはじめとする様々な病を引き起こす原因になるのだとか。

そこで、今日は、病知らずの健康長寿になるために、腸内フローラのバランスを保つ方法をご紹介!

腸内フローラのバランスが良い人とは?

 町内フローラのバランスが良い人を探すために、「日本一便秘が少ない県」で調査!
どこだかわかりますか?

みんなの家庭の医学 たけし 腸内フローラ

茨城県です!!

今回は50代~70代の茨城県民12人の便を調査し、その秘密を探ります。
結果、12人とも腸内環境が良かったのですが、その中でも特に腸内フローラが美しい人が!

みんなの家庭の医学 たけし 腸内フローラ

それが、こちらの関田さん。御年79歳。

みんなの家庭の医学 たけし 腸内フローラ

善玉菌優位な状態を保っているのです。
79歳でこの比率は大変珍しいそうです。

関田さんは、愛犬の散歩や日曜大工など今もとても活動的。

そんな関田さんは、14年間同じ朝食を食べ続けているそうです。
それがこちら!

みんなの家庭の医学 たけし 腸内フローラ

ここで注目すべきはヨーグルト。
このヨーグルトが関田さんの腸内の乳酸菌にマッチしているのだそうです。

実は、腸内に含まれる乳酸菌は、十人十色で一人ひとり違うのだとか。
一方、ヨーグルトに含まれる菌も様々なんだそうです。

みんなの家庭の医学 たけし 腸内フローラ

つまり、自分の腸内の乳酸菌にあうヨーグルトを食べるのが一番良いということなんだそうです。

これがぴったり合うと、便に反応が現れ、疲れにくくなり、肌つやも良くなるのだとか。
 
 一方、ビフィズス菌を増やすヒントは、食物繊維にあります。
食物繊維には不溶性と水溶性があるらしいのですが、関田さんの朝食には水溶性食物繊維が多く含まれているようです。

みんなの家庭の医学 たけし 腸内フローラ

実は、水溶性食物繊維を多く摂取するとビフィズス菌が増えるのだそうです。

水溶性食物繊維は、アボカド、海藻類、山芋、オクラなどネバネバした野菜に多いそうですよ。

皆さんも食生活から変えて、健康長寿を目指しませんか?

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク



Wha2up編集長
About Wha2up編集長 (466 Articles)
Wha2up!?編集長です。 主な担当は、音楽・テクノロジー。 親しみやすい大きな顔と滑舌の悪さには定評あり。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*