雑学

【注意】スキニージーンズ(パンツ)に筋肉・神経に障害を起こす危険性が!?【症状・原因・対策】


スキニージーンズ(パンツ)を履いてしゃがみ続けると・・・病気に!?

ネットで囁かれている「スキニージーンズ(パンツ)」の危険性とは!?

スキニーパンツ

おしゃれな人の愛用、「スキニー」。
これが今、健康被害があると言われているんです!

実際に起こった障害・症状とは!?

著作者: Little_Li
著作者: Little_Li

35歳のオーストラリア人の女性。

家族の引っ越しを手伝っていた女性は戸棚から物を取り出すため、数時間にわたってしゃがみ続けた。
その後、歩いて帰宅する途中に脚の感覚がなくなり、倒れたまま動けなくなって病院に運ばれた。

女性の両方のふくらはぎはジーンズが脱げなくなるほど膨れ上がり、足首や爪先も動かせなくなった。
筋肉障害の指標となるクレアチンキナーゼ値の著しい上昇がみられ、女性は1人で歩けるようになるまで4日かかったという。

出典:日経新聞

発症する少し前には、腰に鈍痛を感じている事が多くあるようです!
もし痛みを無視して履き続けると、神経の損傷が死ぬまで残ってしまうと警告もされています!!
[ninja big]

どうしてこんな事に!?原因は何!?

著作者: j0sh (www.pixael.com)
著作者: j0sh (www.pixael.com)

ちゃんとした病名があるんです。
それは、「知覚異常性大腿神経痛」。

太股の外側にかなり広い範囲でシビレが起こります。しかし、筋肉の麻痺は一切伴いません。

大腿外側皮神経と呼ばれる、大腿の外側の皮膚の感じを伝える神経の障害で起こります。

この神経は、骨盤に入るところで折れ曲がり、骨盤に添って脊椎に向かって走って行きますので、
ここで靭帯で押されたり、外から圧迫されたりし易いのです。

出典:日本脊髄外科学会

これは、スキニーだけで起こった病気ではなくて、
コルセットやガートルなど、体を細く見せるために無理をして補正下着など付けたり、
体に合わずに小さいサイズを着用したりすると起こってしまうんです。

治療法は局所麻酔やステロイド注射をしたり、重症の場合は神経剥離術を施術されることもあるとっても怖い病気なんです。

どうやって対策をしたらいいの?

女性 頭
それは、「きついサイズを着用しない」ことに限ります。
特に、腰から太ももへの圧迫が続かないように気を付けましょう。

もし発症してしまった場合は、すぐに着用を止めましょう。
外出先での発症の場合は難しいですが・・・
新しいボトムスを買って着替えるか、出来るだけ早く帰宅して脱げる環境にしてくださいね。

神経障がいは1日で起こるのに対して完治は3か月かかってしまうことも・・・!

でも、スキニーはオシャレ好きな方には外せないアイテムなので
着用時間(目安として1週間1~2日・長時間を避ける)に注意して履くようにしてくださいね。

補正下着も無理なサイズを選ばずに、苦しくない程度を着用してください。

おしゃれに我慢はつきものだと言われていますが、病気になるのとは違います。
どうか、安全にオシャレを楽しんでくださいね♪
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク


jasmine
jasmine
Jasmineです♪ 毎日を自分らしく笑って過ごす事に注力をおいています。 ファッション関係や興味のあることをアップしていきますね( *´艸`) 人生楽しんだモノ勝ち♪ あなたの毎日が幸せでありますように☆