【2015年】苔玉、ミニ盆栽は観葉植物よりお世話が簡単で魅力的!【癒し・作り方・吊るし方】

投稿日:
シェアお願いします!

家に緑のある生活を。

苔玉、ミニ盆栽は観葉植物よりお世話が簡単で魅力的!

koke1

出典:暮らしの教室

今や500円出せば鉢とセットで買えちゃうほど手を出しやすくなった苔玉。
また、ミニ盆栽はそのお世話のしやすさから人気が急上昇しています。
pro

苔玉の作り方

小さくてまるまるしたフォルムがなんともかわいい苔玉。
今やセットで販売もされていますが、もちろん自分で作ることも可能です。

【苔玉グラスの作り方】
koke2

材料:ミニ観葉植物、ハイゴケ、糸(木綿、化学繊維どちらでもOK)、ハイドロボール、ガラスコップ
※夏間はシダの仲間のプテリスがよいそうです。
1、ミニ観葉植物をポットから取り出し、根鉢を球状にまるめて
手のひらに収まるくらいの大きさにします。
  ガラスコップに入るようにサイズを調整してください。
2、まるくなった根鉢にハイゴケを張り付けて糸で何回か巻いて苔がはがれないようにします。
3、コップの底にハイドロボールか小石を少し置いて苔玉を載せれば出来上がり。
参考記事:苔玉とコケの鉢:苔八

苔玉の吊るし方

苔玉を吊るしてインテリアとして楽しむ方も増えています。
その名も「苔玉ストリング」
なんかかっこいい。

【苔玉ストリングの作り方】
koke4

材料
小さな植物※
7:3の比率で泥炭土と、赤玉土または盆栽土壌、乾燥ミズゴケ
はさみ、木綿糸、麻ひも、麻やサイザル麻のような糸、手袋、水、苔
※コケは直射日光に耐えられないので、日陰でも育つプラントを選択します。ここではベビーシダ、芝などを使用しています。

1、優しく、できるだけ多くの土壌を取り除きミニプランツの根が見えるようにします。
2、泥炭と赤玉土を一緒に混ぜます。
3、混ざったら、オレンジサイズの小さなボールを形作ります。
  必要に応じて水を少し加えてください。
4、それぞれのボールが植物の根に対して十分な大きさであることを確認してください。
5、乾燥ミズゴケの束を取り、根の周囲に丁寧に包んで、丸く小さくまとめます。
  その後、その周りに綿紐を数回結びます。これは最終的に溶解します。
6、先ほど作った土球に小さな穴を作り、内側に軽く植物を押しこみます。
  そして球になるように整えます。
7、苔の小さなシート(どんな種類の苔でもOK)を取り、土にしっかりとそれらを押しこみます。
  隙間が無いようにします。ボールの周りをひもで巻き、必要に応じて側面を残します。
8、日陰に吊るして飾り、完成です!
参考記事:happydiylife.com

[ninja big]
ミニ盆栽の作り方

苔玉と同じくさほど難しい工程もなく作れるのがミニ盆栽。
盆栽の美しい和の空気感に癒されます。

【ミニ盆栽の作り方】
koke5

材料
・ケト土……200~300g
・赤玉土(小粒)……少々
・水ゴケ……少々
・洋風敷砂利……1個
・器(食器皿でOK)
・鉢底ネット

・植物
・チゴ笹
・けやき
・ソヨゴ
・ギンゴケ
●土を準備する
1、ケト土に赤玉土(小粒)、水ゴケを入れ、水を加えてまぜ合わせる。
2、ケト土には植物の根なども含まれていることが多いので、この段階で取り除く。
  「耳たぶくらい」の固さにこねたら、丸めておく。
●根洗いをする
3、ポットから植物を取り出し、茎をつかんで根についている土を払い落とす。
4、さらにバケツに入れた水の中で根を洗う。
●土台を作る
5、作りたい大きさよりもひと回り小さいサイズに鉢底ネットをカットする。  四隅の角は丸く切っておくと上から見た際に「はみ出し」が見えにくくなる。
6、土を鉢底ネットに押さえつけながら、網の目を埋めるように付けていく。厚さは5mmほど。
●植物を植える
7、土の上に植物を置き、バランスを見ながらレイアウトを考える。
8、土の表面に苔を張る。
9、苔を崩さないようにそっと持ち上げ、皿の上に乗せる。
10、頂上に白の洋風敷砂利をちょこんと乗せて、できあがり。
参考記事:komeri.com

苔玉、ミニ盆栽いろいろ

koke6

出典:imstagram

koke7

出典:imstagram

koke3

出典:happydiylife.com

koke8

出典:imstagram

koke9

出典:imstagram

koke10

出典:imstagram

いかがでしたか?
部屋に緑を置いて、癒されてみてくださいね。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク