【2015年】美白美人画像を作成する方法【Photoshop・簡単・ハウツー】

投稿日:
シェアお願いします!

〜肌をきれいに見せるのはもはや当たりまえ〜

Photoshop(フォトショップ)で美白加工をする方法

せっかくかわいく写真が撮れたのに顏色が悪くみえる・・普段よりも美白にしたい!などのときに少しの加工で簡単に美白になれる画像作成方法をご紹介します。

pro
画像を準備する

bihaku
今回は「カフェでノマドしながらタスクを確認する広報」画像を準備しました。
フリー写真素材サイトのPKUTASOさん、お世話になります!

画像を複製する

スクリーンショット 2015-06-11 22.06.57
画像を選択し、Command+J(Winだとcontrol+J)を押して画像を複製します。
すると、レイヤー1ができます

色調を補正する

色調補正には主に以下の4点があります。
・明るさ・コントラスト
・レベル補正
・トーンカーブ
・露光量
さらに色相やカラーバランスなどいろいろありますが少しの加工で済ませたいので割愛します。

今回は「トーンカーブ」「露光量」をいじります。

トーンカーブを調整する

bihaku4
イメージ>色調補正>トーンカーブでプリセットを明るく(RGB)に変更します。
そのあと、画像のようにカーブをつけます。

露光量を調整する

bihaku5
イメージ>色調補正>露光量で画像をはっきりさせます。
もともともやっとしていた画像なので、気持ち白くすることと、色味が変に見えないか確認しながら調整してください。

ぼかし(ガウス)をかける

色調補正をしたレイヤー1を選択し、Command+J(Winだとcontrol+J)を押して画像を複製します。
すると、レイヤー1のコピーができます
bihaku3
ツールバーのクイック選択ツールで、顔全体を選択します。
※顔全体をきれいに選択できたらどんな方法でもいいですよ!
bihaku2
フィルター>ぼかし>ぼかし(ガウス)で、少しぼかしをかけます。
プレビューを確認しながらおおよそ画像のようにかけてください。

ガウス適用後、不透明度を30%に設定します。
きれいに見える数値に調整してください。

完成!

加工前
bihaku
加工後
bihaku1
少し露光量が強すぎましたかね・・・汗
しかし加工前よりさらにつるつるのお肌になったかとおもいます!

お試しください^^

参考記事:憧れの白い肌に!Photoshopで写真を美白に加工する方法

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク