【2015年】画像をドットアート風に加工する方法【Photoshop・簡単・ハウツー】

投稿日:
シェアお願いします!

ときには絵描きにもなってしまおう!

Photoshop(フォトショップ)で簡単に画像をドットアート風に加工する方法

dot10
アメコミっぽい加工が案外すぐにできますよ☆

pro
画像を準備する

dot9
人混みと道頓堀」という画像を使用することにしました。
PAKUTASOさん、いつもお世話になります!

色調を補正する

dot12
イメージ>色調補正>自然な彩度で彩度の値をマックス100まであげます。
きつい色になってしまってOKです。
dot15
command+J(Winだとcontrol+J)で背景レイヤーを複製します。
複製したレイヤー1にあわせて、フィルタ>ピクセレート>カラーハーフトーンを選びます。
dot11
dot2
画像サイズによりドットサイズの出方が異なるため画像くらいになるように調整します。
dot14
レイヤーパネルで描画モード:オーバーレイ、不透明度:65%(白く見えるように調整してください)にします。
ドットがなじみ、自然な状態にみえます。

チャンネルを使い色味をつける

レイヤー1を選択した状態で、チャンネルを表示します。
レッドチャンネル:command+A(Winだとcontrol+A)で画像を全選択したあとdeleteします。
ブルーチャンネル:command+I(Winだとcontrol+I)で階調を反転させます。
dot5
PRGをすべて表示するとレイヤー1の色味はこんなかんじになります。

ペン画のようにする

dot13
command+J(Winだとcontrol+J)で背景レイヤーを複製します。
複製したレイヤー2を最上位に移動させます。
dot7
フィルタ>表現技法>輪郭検出でペン画のように加工します。
イメージ>色調補正>明るさ・コントラストでコントラストを調整します。
線の太さはあまり太すぎないほうがのちのちなじみがいいです。

レイヤーパネルで描画モード:比較(暗)にします。

完成!

加工前
dot9
加工後
dot10
今回は暖色系にしましたがチャンネルのいじり方で寒色にもできますよ!
いろいろ試してみてくださいね\(^o^)/

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク