【2015年】パペットワープで画像に動きを出す加工方法【Photoshop・簡単・ハウツー】

投稿日:
シェアお願いします!

まさかこんなことができるなんて!??

Photoshop(フォトショップ)のパペットワープで簡単に動きのある画像加工をする方法
pw
PhotoshopCS5から実装されている、生き物の動きから変えられるパペットワープ機能の使い方をご紹介します。

pro
背景透過の画像を準備する

pw5
pw6
1、該当レイヤーを選択して、編集>パペットワープを選択します。
するとこのようにメッシュ状の編集点が出てきます。
2、ポイント数を増加で、メッシュが細くなります。(してもしなくてもどちらでもOKです)
※背景をなくしておくと、のちの作業がしやすくなります。

ピン打ちを行う

pw7
※メッシュを細くしました!
動かしたくない部分にピンを打ちます。関節に沿ってピンを打つと良いです。

ピンを指定して関節を動かす

pw10
打ったピンのうち、関節をうごかしたい部分のピンを選択し、ピンから少しカーソルを離すと回転するマークが出るので、そのマークの上で回転させたい方向にドラッグします。
少し怖いですね・・・

完成!

pw4
そうこうしていると完成しました笑
ヘンテコになってしまいました^^;
pw12
四股を踏ませてみたので、背景に両国国技館をいれてみました。

最初の画像とは違いすぎてこわい!
gif画像を作るときに重宝しそうですね。

是非お試しください^^

参考記事:Photoshopのパペットワープで自由自在に写真加工する方法

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク