【超初心者…!】プロジェクションマッピング作成記 その3

投稿日:
シェアお願いします!

【超初心者…!】プロジェクションマッピング作成記 その2では
私はかなりテンパっていたらしく、何を言っているかわかりませんね!

全力で苦笑です。

前回の私がなにを言っていたかというと
GrandVJをGrandVJ2にアプデして
Video Mapperをダウンロードして
GrandVJ2 XTのデモ版をインストールしたよ ということです。

ちなみにデモ版は
スクリーンショット 2015-03-18 13.02.38

からの

スクリーンショット 2015-03-18 13.02.49



ActivationにあるTry GrandVJ XT in Demo Modeにレ点を入れます。
OKを押します。
終わり。

そのままですね!
なにせXTでないとGrandVJでは簡単にはプロジェクションマッピング出来ないようです。

やっと(ソフトの)準備が整いました。
やっと本題です!


iPhoneで撮影したので画像が悪い上に縦長なのはご了承下さい・・・

【方法】
★プロジェクターをつないでおく!
macの環境設定を確認して、ちゃんとmacが認識しているか確認する!

そして、GrandVJを立ち上げる
スクリーンショット 2015-03-18 17.17.00
GrandVJ>Preference>Display >VideoMapper mode に変更する。
OKを押す。

スクリーンショット 2015-03-18 17.27.25
そうすると赤丸部分、VideoMapperのボタンが出現します。


スクリーンショット 2015-03-18 17.33.24
こんなの。押します。

スクリーンショット 2015-03-18 14.45.28
するとVideoMapperが出現します。

この子はどこに映像を映すかを
決めるために必要なのです。

12015-03-18 15.38.56

最初にプロジェクターをつないでいますが、
つないだプロジェクター名は表示されていますか?

左上部分を見てください。
正しく動作していたら画像のようにります。

【A1】がmac本体
【A2】がプロジェクター

私のプロジェクターはEPSONなのでそのように表示されています。

EPSON PJ □+△+
の□+をクリックすると下にSurfaceができます。

Surface1が1画面目、Surface2が2画面目、Surface3が3画面目・・と
映したい映像、面によってSurfaceの数は変わります。

20150318072509

ううん・・。

画像が見づらいですが・・
白い靴箱の側面にあわせてSurfaceを作ります。

20150318072509のコピー

今回は①と②を二面にしました。

それぞれ枠を合わせるのはとってもアナログな方法で、
単に角を合わせて形をとるだけ。

これでVideoMapperの作業は終わりです。
起動させたままGrandVJに作業は戻ります。
ここではGrandVJの説明ははぶきます><

スクリーンショット 2015-03-18 15.38.33

Mix modeで動画をいれこみます。
そのあと赤丸部分をクリックすると、

スクリーンショット 2015-03-18 21.15.35

作ったSurfaceに割当できます。

そうすると出来上がり。

スクリーンショット 2015-03-18 15.41.19(2)

こんなかんじに映るのです!

いやしかし習うより慣れろです。
一度方法がわかれば自分仕様にアレンジしたくなるはずです。

私もやっとGrandVJでつくるプロジェクションマッピングは理解しましたが、
デモモードは所詮デモモード・・

外に出すようなものは作れないですね;

←その2へ

余談ですが私のPC、「おす」を漢字変換すると「推す」が先に出てきます。
人気ブログランキングへ