【2015年6月1日】14歳でも対象に!改正道交法施行で悪質自転車に罰則強化 !

投稿日:
シェアお願いします!

平成25年の改正道路交通法施行に伴い、平成27年6月1日から、
自転車の運転による交通の危険を防止するための講習(自転車運転者講習)の制度が導入されます。

あなたも対象になってしまうかも!?今すぐその運転を見直して!

著作者: Artem Vasilenko
著作者: Artem Vasilenko

いつも通りの運転をしていると罰則を受けることも・・・!!

どのような改定になったのか?
自転車規定
この改正で悪質な運転者の安全講習が義務化されることになりました!

自転車運転者講習制度

出典:警視庁

「自転車運転中の危険行為14項目について “違反切符による取り締まり”
もしくは “交通事故” を3年以内に2回以上行った場合、自転車運転者安全講習を受けないといけなくなる」

対象になるのは2015年6月1日以降、3年間で警察から2回注意された14歳以上の人です。

→自転車運転者安全講習を受けなければいけませんが3時間で5700円とかなり高額の罰金です。
もし、3ヶ月以内に講習を受けない人には、5万円以下の罰金刑も・・・

実際に何が違反行為なの?

自転車運転者からすると自転車専用道路が明らかに少ないという苦情もありますが・・・
実際に何が違反になるのかしっかり確認しておきましょう!

疑問

14歳は少年法の「刑事処分」「刑事責任」の対象になるため、今回の罰金も対象になります!!
1.信号無視

2.通行禁止違反
ここは自転車を運転する方は要注意!
基本的に自転車は「車道」を通りましょう。

3.歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
2と関係していますが、歩行者用道路を渡る時は、「徐行運転」が義務付けられています。

4.通行区分違反
これは、意外に出来ていない人が多いですが、
基本的に車と同じ流れを走らないといけません。
例)車は左側通行なので、自転車も同じ流れで走らないといけません。

5.路側帯通行時の歩行者の通行妨害
自転車よりも歩行者が優先です。

6.遮断機が降りた踏切への立ち入り
これは本当に危険なのでやめましょう!
遮断機

7.交差点安全進行義務違反など
車の免許の時に習うことですが、丁字路や十字路で相手が走っている通路の方が広い場合は、
相手が「優先道路であり優先車両」となります。

8.交差点優先車妨害など

9.環状交差点での安全進行義務違反など

10.指定場所一時不停止違反など
一時停止を行わなければ、
3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金です。

11.歩道での歩行者妨害
絶対に車道を走らなければいけないのではなく、歩道を走れるという標識もあります。
その場合は必ず「車道よりの道路」を走り、決して歩行者の邪魔になってはいけません。

12.制動装置(ブレーキ)不良自転車運転

13.酒酔い運転
飲酒運転

14.携帯電話等の使用運転
運転時の携帯電話等使用・片手運転、傘さし運転や荷物を持った片手運転も対象です。
3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金です。

賠償請求された場合、
歩行者が相手だと自転車が一方的に悪い事になります。
自動車が相手だと違反内容によっては多少の請求を負う必要があります。

この際に保険に入っておくのも大切ですね。

まずはルールを守った正しい運転を心がけて、無事故で快適な自転車ライフを送りましょうね!

自転車