【マツコの知らない世界】知って愕然、そして面白い!UFOビジネスの世界【動画あり】【8月11日】

シェアお願いします!

UFOビジネスはとにかく儲かる!動画もあるぞ!

8月11日放送の『マツコの知らない世界』は、UFOビジネスの世界を紹介!
紹介してくれるのは、「UFO映像コーディネーター」の山口敏太郎さん

マツコの知らない世界 UFO ビジネス

今、世界的にUFOブームが再燃しているらしいのですが・・・

最新UFOビジネス事情

まず、山口さんが話すのは、巷にあるUFO映像は、鳥や人工衛星を見間違えているものも含めると、95%がニセモノであるということ。

なぜここまでニセモノが溢れているかというと、理由は簡単!
UFO映像は儲かるんだそうです。笑

例えばこんな映像も。

出典:YouTube

車を運転中、夕焼けの空に突如として現れたUFOを映そうと車から降りて撮影。

「どうせ実写とCGと掛け合わせて作ったんだろ?」と思った方!

違います!
実は、これ、全てCGなんです!

ちゃんとメイキング映像もあるんですね。笑
車内も景色も全部CG!!

すごいですね。。

こうした映像をTVなどが取り上げるたびに、制作者にお金が入ってくるそうで、今回のこの映像の使用料はなんと6万円!
世界中で使われるわけですから、相当稼いでいるはずですね!

山口さんいわく、「テレビのある国では必ずUFO番組が存在する」のだとか。笑

ただ、こんなのは序の口。

例えばこの映像。

マツコの知らない世界 UFO ビジネス

1秒の使用料が・・・

なんと30万円!!!

いやいやいや・・・やばすぎでしょ!

[ninja big]
やりすぎニセモノ動画

ここからは、山口さんが推薦する「見る価値のあるニセモノ動画」!!

まずはこれ。
途中から急展開です。笑

出典:YouTube

お次は中国から(とされている)の映像。
ツッコミどころ多いですよ!笑

出典:YouTube

UFOビジネス先駆けの大事件

この画像、見たことある方も多いのでは?

マツコの知らない世界 UFO ビジネス

これが、UFOビジネスの先駆けとも言われる『ロズウェル事件』ですね。
ロズウェル事件とは、1947年にアメリカのニューメキシコ州ロズウェルにUFOが墜落し、宇宙人やUFOの残骸が回収されたといわれている事件のこと。

しかし、上の画像は、実はドイツの新聞社が1950年にエイプリルフールで作ったものなのだそうです。
これは、10年ほど前に判明したんだとか。

その一方で、「UFOが落ちた」とされるロズウェルは、「UFO」を観光資源にしているそうで、街にある『UFOミュージアム』は年間約1億円の売り上げがあるそう。

マツコの知らない世界 UFO ビジネス

ニセモノだと断定できない動画

空に浮かぶこの物体の群れ。
これは『UFOフリート』と呼ばれているそうです。

マツコの知らない世界 UFO ビジネス

各々が不規則に動くこの群れが、最近世界の先進国の都市に現れているのだとか。

日本にも現れているようですよ。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク