チーターを再現したロボットがめちゃくちゃすごいけどキモいと話題に!

シェアお願いします!

チーターの動きを再現!凄いけどなんかキモカワイイ

チーター
科学の進歩に合わせて、さまざまなロボットが生み出されましたが、今でも動物の動きを再現するということはとても難しいことだと言われています。そんな中、工学分野における大学の最高峰、マサチューセッツ工科大学(以下MIT)が、地上最速の生物チーターをモデルにしたロボットを開発し話題を呼んでいます。

MAX時速48kmで走行、40cmのジャンプも
チーターロボット

出典:himasoku.com

今回、MITが開発したそのロボットの名前は『チーターロボット(cheetah robot)』

以下、説明用のビデオをご紹介します。
ガシャガシャとうるさい音を立てながら、チーターロボットは走ります。
「すげえ!」ってなると同時にその動きがなんかキモカワイくて笑ってしまいます。
元気に走り回る「チーター」の様子をご覧ください。

出典:YouTube

このチーターロボットですが、名前のとおり、チーターの動きを再現したもので、センサーと12個の軽量モータが取り付けられており、バランスを維持したまま走ることが出来ます。最高速度は時速48kmまで上げることができるとのことです。

ただ走るだけではチーターとは言えません。
そう!このチーターロボットはちゃんと障害物をセンサーで検知し、越えるに必要な高さを瞬時に判断し、ジャンプをして器用に避けることができるのです。 その高さは最高で約40cm。

電源は、バッテリーが内臓されており、現時点では15分ほど駆け回ることが出来るらしいです。

将来ロボットで動物を再現できる日も近そうですね!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク