細胞を擬人化したマンガ『はたらく細胞』が話題に!

シェアお願いします!

戦う細胞たちを描くマンガ『はたらく細胞』

 本は我々に知識を与えてくれます。
知識を多く得るためには、実用書や専門書をたくさん読むことだと思いますが、「文字を読むのが苦手」という方にはつらいことでもあるでしょう。
そんなときにマンガが理解を助けてくれることがあります。

 今、一つのマンガが話題になっています。

ありそうでなかった!体内の細胞たちの戦い

 マンガのタイトルは『はたらく細胞』。

はたらく細胞

出典:shonen-sirius.com(c)清水茜/講談社

 主人公は人間のように見えますが、人間ではありません。
なぜなら、彼らは人間の体内にいる『細胞』だからです。

つまり、このマンガは体内にいる細胞を擬人化し、それらの働きを描いたマンガなのです。

同作はシリウス新人賞大賞受賞作「細胞の話」を改題して連載化したものだそうです。
細菌と戦う白血球、酸素を運ぶ赤血球、血管が損傷したときに傷口を塞ぐ血小板など、各々が体内で活躍する様子が分かりやすく描かれているのです。

こちらがキラーT細胞。

はたらく細胞

出典:shonen-sirius.com(c)清水茜/講談社

こちらがマクロファージ。

はたらく細胞

出典:shonen-sirius.com(c)清水茜/講談社

血小板ちゃん。

はたらく細胞

出典:shonen-sirius.com(c)清水茜/講談社

身体に悪さをする、敵も擬人化されています。

はたらく細胞

出典:shonen-sirius.com(c)清水茜/講談社

月刊少年シリウス(講談社)の公式サイトにて、第1話が試し読み用に公開されていますよ!
是非チェックしてみてください!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク