【この差って何ですか?】鳴き砂(鳴り砂)のある砂浜5選

シェアお願いします!

鳴き砂のある砂浜へ行こう!

6/28放送の「この差って何ですか?」で『鳴き砂(鳴り砂)』の砂浜が紹介されていました。
ご存知の方も多いかと思いますが、『鳴き砂』とは、上を歩くと「キュッ」となる砂のことです。

今日は全国にある鳴き砂の砂浜をご紹介します!

イタンキ浜(北海道室蘭市)
イタンキ浜

出典:muro-kanko.com

 アイヌの人たちがつけた「ハワノタ(声のある砂浜)」と呼ばれる地名があったことから、1986年(昭和61年)に調査したところ、イタンキ浜が北海道では初めての鳴き砂の海岸であることが確認されました。夏は海水浴場として開放されています。

十八鳴浜(宮城県気仙沼市)
十八鳴浜

出典:tabimo.jp

十八鳴浜(くぐなりはま)の名前は、砂を踏むと「クックッ」と鳴くので「九+九=十八」に由来するそうです。
国の天然記念物に指定されています。

琴ヶ浜(石川県輪島市)
琴ヶ浜

出典:minkara.carview.co.jp

砂浜の砂は約0.4mm程度の粒の石英が約72%を占め、白い鳴き砂の浜として知られています。
[ninja big]

琴引浜(京都府京丹後市)
琴引浜

出典:kyotango.gr.jp

おそらくは日本で最も有名な鳴き砂海岸なのではないでしょうか。
琴引浜は、『日本の白砂青松100選』・『日本の渚百選』・『日本の音風景100選』に選ばれています。
また、世界初の禁煙ビーチでもあります。

琴ヶ浜(島根県大田市)
琴ヶ浜

出典:wikipedia

総延長1.6kmの鳴き砂海岸。
1996年に『日本の音風景100選』と『日本の渚百選』に選ばれています。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク