インドでオウムが逮捕されました。なお容疑者は黙秘を続けている模様。

シェアお願いします!

オウムが”逮捕”される事態に!

 その事件は、国内の有力紙『タイムズ・オブ・インディア』などが報じており、インド国内で話題を呼んでいるそうです。

[ninja big]
オウムが暴言を浴びせてくる!

 事件が起こったのは、 インド中部チャンドラプル地方。
ラジュラ市に住むジャナバイ・サクハルカルさん(85)は、警察に被害届を出しました。

 その被害内容とは、近所でペットとして飼われているオウムの「ヒリヤル」が、ジャナバイさんの顔を見るたびに暴言を浴びせてくるというもの。

オウム 逮捕 インド

 現地の報道によると、オウムはジャナバイさんと顔を合わすたびに「くたばれクソばばあ」「シワクチャのたれ××女」などひどい暴言浴びせていたようです。

 ジャナバイさんは、土地の所有権をめぐり、義理の息子と争っている最中で、「息子があの家のオウムに悪口を教えているに違いない」と話しており、オウムの飼い主に対し「義理の息子をオウムに近づけないで」と再三求めていたそうです。しかし、解決せず、17日にジャナバイさんはついに警察に被害届を提出したのだとか。

”容疑者”は黙秘

 被害届を受けて、警察はこのオウム、ヒリヤル“容疑者”の身柄を確保して、署に連行。
ジャナバイさんの言い分通り、暴言を吐くのか“事情聴取”しました。しかし、捜査員が交代で長時間追及しても、ヒリヤル“容疑者”は完全黙秘。

 ついに警察で”自供”させるのをあきらめ、”容疑者”は野生動物を保護する同市森林局の鳥類担当者に引き渡されたそうです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です