【W杯開催記念!】初心者がラグビーを楽しむための簡単&おもしろ知識~その1

シェアお願いします!

気軽に読んでね!ラグビーが面白くなる簡単な知識

ラグビー ルール ワールドカップ

出典:horc.exblog.jp

 ラグビーワールドカップ2015、日本代表は、初戦に優勝候補と言われた南アフリカ代表に逆転勝利し、日本中が歓喜に沸きました。
その後、スコットランドに敗れたものの、前半戦を見る限り今回の日本代表は、従来に比べてかなり強いように思えます。

この後も、決勝トーナメント進出を賭けての予選試合が続きます。
この機会に、ラグビー初心者の皆さんも楽しめるように簡単な解説をしたいと思います。

ルール説明というよりは、「ラグビー観戦の楽しみ方」といったところです。
気楽に読んでみてくださいね。

[ninja big]
ポジション別特徴を解説しよう!

 まず皆さんに最低限知っておいてもらいたいのが、「ラグビーは15人でやる」ということ。
そのうちフォワードが8人、バックスが7人。

簡単に並べるとこんな感じです。

ラグビー ルール ワールドカップ

実はラグビーにおける各ポジションの役割や特徴は、割と分かりやすいんです。
解説すると、こんな感じ。

<フォワード>

背番号1、3・・・『プロップ』。スクラムの最前列の両端。重量級の選手が多い。

背番号2・・・『フッカー』。スクラムに入ったボールを足で掻いて後ろに回す。

背番号4、5・・・『ロック』。スクラム2列目。身長が高い選手が多い。そのため、ラインアウトではジャンパーになることも。

背番号6、7・・・『フランカー』。足が速くスタミナもある。ボールのあるところにすぐ駆けつける。

背番号8・・・『ナンバーエイト』。フォワードにおける花形ポジション。攻防のマルチプレーヤー。

<バックス>

背番号9・・・『スクラムハーフ』。小柄な選手が多い。フォワードとバックスをつなげる役目。スクラムなどからボールを投げる人。

背番号10・・・『スタンドオフ』。司令塔。

背番号12、13・・・『センター』。強いタックルと突破力がある。

背番号11、14・・・『ウイング』。足が速く、ステップワークも優れている。チームの点取り屋。

背番号15・・・『フルバック』。キックが上手く、ボールのハンドリングにも優れていることが多い。

ね?すごく特徴があるでしょ?

次回は「分かりやすいルール解説」をします!
お楽しみに~♪

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク