【マツコの知らない世界】観葉植物の世界!枯らさない方法やオススメも!【7月14日】

シェアお願いします!

意外と凄いぞ!観葉植物のアレコレ

7月14日放送の『マツコの知らない世界』は2本立て!
2本目は、「観葉植物の世界」でした!

 今回の案内人は観葉植物農家の杉山拓巳さんです。

マツコの知らない世界 観葉植物

杉山流!絶対に枯らさない3か条

 実は、マツコさん過去に観葉植物を育てていたのですが、枯らしてしまい、それ以来買うのをやめたのだそうです。
育てていたという黒法師は、葉っぱは瑞々しかったけど、完全にしなびてしまったので、公園に埋めちゃったというマツコさん。

マツコの知らない世界 観葉植物

なんとここで杉山さんから衝撃の一言が。

マツコの知らない世界 観葉植物

葉っぱが生きていれば、再生は可能なんだそうです。
マツコさん、後悔。。。

 そこで、杉山さんが植物を枯らさないコツ3か条を教えてくれました。

その1:最初の半年愛を注ぎまくれ!

 もちろん一生愛を注ぎまくるのが良いのですが、これには理由があります。
杉山さんいわく、植物は半年枯れないで葉を出し続けると、その場の環境に適した植物に生まれ変わるのだとか。

その2:水やりはスパルタに!

 杉山さんの説明によると、買ってきたときが、植物は一番ストレスを感じている状態なのだそうです。
ちょっと持ち上げただけでも、自分を老化させるガスを発生されるそうで、買ってきたときは、根も老化している状態なので、水も吸わないらしいです。

そこで、最初の1日、2日は水をあげず、枯渇状態にしてから水をあげるのが良いそうです。
どのくらい枯渇状態にさせるかというと・・・

マツコの知らない世界 観葉植物

このくらい葉っぱがカールするくらいまでだそうです。

その3:NGゾーンを見極めろ!

 杉山さんいわく、部屋の中で、植物を置いたら枯れてしまうNGゾーンがあるのだそう。

・エアコンの下は、風によって植物が揺れて弱るだけでなく、温度も低く乾燥するためNG。
・テレビの横は、その熱や電磁波が植物に悪影響を与えるためNG。
・無風の場所だと植物が呼吸しにくく弱りやすいのでNG。

ちなみにその逆で、家の中でも一番植物が枯れにくい場所があるのだそうですが、それは・・・

お風呂場なんだそうです。
但し、小窓があって24時間換気できるという2つの条件が必要なんだとか。

[ninja big]
心を癒す観葉植物BEST3

エコプラント

 NASAが有害物質を吸収する効果があると認定した約50種類の植物の総称『エコプラント』

マツコの知らない世界 観葉植物

例えばオリヅルランは、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの分解をしてくれるのだそうです。

マツコの知らない世界 観葉植物

 中でも杉山さんがオススメするのは、世界中で大ヒットしたという『ポトス・エンジョイ』

マツコの知らない世界 観葉植物

従来のポトスは成長が早く手入れが大変だったのですが、このポトス・エンジョイは成長がゆっくりなので形が崩れにくく育てやすいのだそうです。

多肉植物・サボテン

 男性にはトゲトゲ系の1本植え、女性にはプニプニ系の寄せ植えが人気な多肉植物やサボテン

マツコの知らない世界 観葉植物

特徴は、なんといっても育てるのが超簡単なこと。

 杉山さんのおススメは、『リビングロック』というサボテン。

マツコの知らない世界 観葉植物

なんと、2年間水やりの必要がないほど乾燥に強いそうで、育てやすいんだとか。

エアプランツ

 今、一番売れているのが、これ。
土に植える必要がなくインテリアとして大人気の『エアプランツ』

マツコの知らない世界 観葉植物

 実は、枯れてなくなる2~3か月前に花が咲くそうで、こんな感じになるそうです。

マツコの知らない世界 観葉植物

激レア観葉植物

モンステラ

 「世界一美味しい観葉植物」だと、杉山さんは言います。
とは言っても葉っぱではなく、だいぶ大きくなると実がなるそうで、食べられるんだとか。

 これがモンステラの実。

マツコの知らない世界 観葉植物

幻のフルーツと呼ばれており、バナナとパイナップルの間のような味がするのだそう。

見た目はちょっと・・・。

マツコの知らない世界 観葉植物

マツコさん、試食です。

マツコの知らない世界 観葉植物

微妙な反応・・・笑

サンセベリア・ピングイキュラ 斑入り

こちらが、サンスベリア・ピングイキュラ

マツコの知らない世界 観葉植物

エコプラントの一種で「青い宝石」と呼ばれているそうです。

中でもこちらの斑入りは1万分の1の確率でしか出ないのだそうで、15万円の値段が付くのだそう。

マツコの知らない世界 観葉植物

一時期は50万円の値が付いたことも。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク